ホーム>サービス情報>その他カーディテーリングサービス

その他カーディテーリングサービス

アルミホイールコーティング

ブレーキダストが付きづらい!!

通常の洗車では落としきれない裏側や、細かい部分まで綺麗に洗浄します

通常の洗車では落としきれない裏側や、細かい部分まで綺麗に洗浄します

ホイールは、ブレーキパッドやブレーキローターから出る金属の削れカス、いわゆる「ブレーキダスト」によって汚れます。また道路からは、石や砂、アスファルトに含まれる油、タイヤかすなど、さまざまな汚れが跳ね返ってきます。 このように、車のパーツの中で最も地面に近い位置にあるホイールは、常に過酷な環境にさらされていると言えます。そして、ホイールにつく汚れは大変落としづらく、日頃のお手入れが大変です。そこで、ホイールコーティングの出番です。

Befor&After

Befor

Befor

After

After

Befor

Befor

After

After

 

欧州車メッキモールコーティング

白くボケてしまったドアモールや、ルーフレール、綺麗な状態に戻せます!

金属メッキモールは、その輝きを維持するのが容易ではありません。なぜなら、モールについた雨染みは洗車だけでは落としにくいからです。特に輸入車のモールは雨染みがつきやすく、5ヶ月程度でシミが付き始め、そのまま放置すれば1年程度で目立ってきます。ボディーがきれいでも、モールがシミだらけでは全体的に引きしまりません。そこでモールクリーニングです。
これまでは交換するしかなかったモールも、特殊専用研磨剤とバフを使用することで、クリーニングが可能になりました。メッキさえ残っていれば古い車でも新車時の様によみがえります。また、クリーニング後は専用ガラスコーティングで保護し、耐久性を向上させます。楽なお手入れで美しい状態を維持できます。

Befor&After

Befor&After

Befor&After

樹脂モール コーティング

経年劣化してしまった樹脂パーツ、元の黒い艶のある状態に戻せます!!

色と艶が蘇る!!

色と艶が蘇る!!

輸入車などに多く使用されている樹脂パーツは、ボディーを保護するためのもので手などに触れることが多く、汚れやすい部分です。また、太陽熱や紫外線などの影響を受け、劣化しやすい部分でもあります。樹脂パーツが劣化すると、色褪せて白化します。劣化が進むとヒビ割れしたり、少しの力でも割れてしまうほどもろくなってしまうのです。樹脂パーツのお手入れとして、アーマーオイルなどを使用する方法もありますが、効果は長続きしないうえ、雨の日はオイルが流れ落ちてしまうため、お手入れは大変です。そこで、樹脂パーツコーティングです。新車のうちにコーティングされると、新品の状態を長く維持することができます。ディーラーなどではほとんどの場合に交換される樹脂パーツですが、実はある程度の色褪せや白化は、樹脂パーツコーティングを施すことで本来の黒色と艶を取り戻せるのです。また、コーティングすることで汚れが付着しにくくなり、お手入れも楽になります。もちろん耐候性も付加されるため、太陽熱や紫外線に強くなり、樹脂パーツ自体の耐久性も向上します。樹脂パーツコーティングは、パーツが新しいうちに施工すると、より長くきれいな状態を維持することができるため、新車のボディーコーティングとの同時施工が一番のおすすめです。

施術の流れ

施術の流れ
施術の流れ
施術の流れ

 

ルームクリーニング

新車から半年たてば車内はダニの巣!!手の届かない細部まで徹底洗浄!!

ダニだらけの車内は病気の元!!

以前の東京都立衛生研究所の調べによりますと、都バスのシート1脚から検出された ダニの総数は約8,500匹だったそうです。万が一、ダニに刺された場合は疥癬症や、 刺咬症をおこすケースもあるそうです。
それが原因でアレルギーを誘発したり、病気の原因になることもあります。当店では、素材・汚れに応じた機材・液剤等を使用し車内の隅々まで天井・シート・床・ダッシュボード 等のすべてをクリーニングし、汚れ・ダニを根こそぎ取り除きます。 小さなお子様がいらっしゃる家庭や、女性の方には特にオススメです。
※素材のダメージが酷い場合は作業出来ない事もございます。

Befor&After

Befor

Befor

After

After

Befor

Befor

After

After

Befor

Befor

After

After

Befor

Befor

After

After

施術風景

施術風景
施術風景
施術風景

 

エンジンルームクリーニング

普段、目に入る所ではありませんが、ここが綺麗だと気持ちの良いものですよ!

見えない所にもオシャレ心を!!

見えない所にもオシャレ心を!!

お車のエンジンルームをあけてびっくり、土ぼこりやオイルの汚れはこびり付き、あちらこちらに錆も浮いてきているなんて事はありませんか。
オイルの汚れが こびり付いていると、本当にオイル漏れが起きた場合にどこから漏れているかがわかりませんし、電気系統についたホコリが湿気を帯びると電流がリークしてエンジンがかからない等という場合もあります。
なかなか手を出せないエンジンルーム内のオイルやほこり等をクリーニングします。ボンネット裏側の汚れ、溝部分、ヒンジ部分、エンジンボンネット内部の鉄板部分、ホース類、エンジンカバー類のオイル等の汚れを除去しエンジン内部のつや出しを行います。

施術風景

施術風景
施術風景
施術風景

 

ヘッドライトコーティング

表面が曇ってる。光量が足りない。そんなお客様におすすめ!!

新車時の光沢が復活!!

近年の自動車ヘッドライト面はポリカーボネート樹脂(PC等)が使用されていますが、樹脂素材そのものでは、表面硬度・耐候性ともに弱い為、樹脂表面に耐擦り傷と耐候性に優れた表面保護材をメーカーの製造段階で塗布し劣化を防いでいます。
しかし、経時変化により劣化・変色・スクラッチ(ヒビ)等が発生してしまいます。これらの劣化皮膜をご自分で除去しようとしても簡単に取り除く事は出来ず、逆に傷を付けてしまうこともあります。
garage艶のヘッドライト研磨は、レンズの劣化状態を診断し、その状態に合わせた施工工程を行い新車時の美しさと光沢を回復し、再劣化を防止することが出来ます。

Befor&After

Befor

Befor

After

After

施術の流れ

ヘッドライトの黄ばみや曇りは、ヘッドライト(樹脂製)表面の経年劣化によるものです。
※内側の汚れは取れません。

施術の流れ
施術の流れ
施術の流れ

 

ナンバープレートコーティング

文字、数字の淵に付く汚れもスッキリ綺麗に!!

ナンバーが綺麗だとまるで新車かと錯覚しますよ!!

ナンバーが綺麗だとまるで新車かと錯覚しますよ!!

ナンバープレートの汚れがなかなか落ちないということで、以前はナンバープレートにカバーをしている方も多かったですね。 それも今では禁止になり、今後どのように汚れから守っていこうか?とお悩みの方も多いようです。汚れがこびりついて落ちない、汚れを落とすのが大変というお声を聞きます。
何故ナンバープレートの汚れは落ちのくいのか、それはナンバープレートにはクリア層がない為汚れが落ちにくいのです。
文字や、数字の隙間の汚れも綺麗にしてからコーティングを施工する事によって新品時の輝きを復活させます。

Befor&After

Befor

Befor

After

After

Befor

Befor

2014224213635.jpg

After

※塗装が薄くなってる場合は磨けない事もございます。

ページ上部へ